財布は人の目に触れるもの

財布は人の目に触れるものですので、その人の印象を決めるポイントの一つにもなります。例えばすごく仕事をバリバリこなしていて、普段の立ち振る舞いもスマートな男性が買い物の時にボロボロの財布を使っていたら「えっ?」ってなりますよね。そういった意味では接待の時に会計役に回る時や部下と食事に行く時など財布はビジネスの場でも目につくこともありますから、財布はいい印象を与えられるような財布があるといいですね。

財布を選ぶ時のポイントとしては小物との相性を考えて選ぶと失敗しづらいです。どんなにデザインが良くてもキーケースや小銭入れ、名刺入れ小物などとのデザインや素材が合わないとなんかイマイチな気がしますよね。たとえばキーケースはプラスチック製のものでちょっと色が明るいものなのに、財布だけカチッとしたした革の長財布だった、というのも良くありません。

私は革財布にした時にキーケースも名刺入れもココマイスターで購入しました。財布に小物を合わせたのです。 それと年齢に応じたブランド選びも大切です。若者が年配向けのブランドを選ぶ、というのは少数でしょうが、中高年がいつまでも若者向け、というのもスマートではありませんよね。